とっても怖いストレスと病気の関係 > 免疫力への影響

免疫力への影響

人は生活している限り、何らかのストレスを受けています。 ストレスを受けたと大脳が確認したときに、視床下部が副腎に対して「ストレスを受けている」ということを知らせます。

それによって副腎は髄質から「ノルアドレナリン」や「アドレナリン」を分泌します。多量に分泌されたときには身体に興奮状態が現れ、血圧が上昇したり汗が噴き出たり、動悸などの症状が確認できます。

これによってストレスと戦ったり回避したりして解決しようとするのですが、解決できない時もあります。 この症状が長く続くと自律神経失調状態となってしまいます。 その時には、副腎脂質ホルモンが分泌されることとなります。

視床下部から副腎脂質刺激ホルモンが分泌され、それを受けた副腎が副腎脂質ホルモン(コルチゾール)を分泌するという経緯となるのですが、これがステロイドホルモンと言われるものです。 この働きによってストレスは癒され、緩和されてゆきます。

このホルモンはビタミンCと コレステロールから生成されますが、「イライラするのはビタミンCが足りないからだよ」と言われるのは、このホルモンが生成されないために、ストレスを解決することが出来ないためです。

このようにステロイドホルモンは身体に不可欠なものでもあるのですが、あまり過剰に分泌されると悪影響を及ぼします。 自律神経失調状態に陥る、免疫反応を低下させる、慢性的に疲労を蓄積させる、薄毛になる、肌が乾燥する、生理痛が激しくなる、肥満になりやすくなるといった悪影響が現れてくると言われています。

人間の体はまだまだ解明されていることが多く、これらの因果関係が全て解明されているわけではないのですが、往々にしてこのような症状が現れているのです。 少々のストレスは人間にとって必ずしも悪いわけではありません。 しかし「過度」ともなれば、このような影響が出てしまうのです。 免疫力の低下は特に健康を害する原因になりやすいものです。