とっても怖いストレスと病気の関係 > ストレスと胃腸の病気

ストレスと胃腸の病気

ストレスの影響を真っ先に受けるのが胃腸です。 胃のもたれや痛みなどを伴う場合は胃炎や胃けいれんと診断されることも多くありました。 また、胃の痛みでは潰瘍やガンも考えられ、胃の粘膜の異常で発見できることもあります。

最近多くみられる傾向としては胃の粘膜に何ら異常が認められないのに、胃のもたれや痛みなどの不快感が起きる症状です。 そうした症状に関して胃炎などと切り離して考え、機能性胃腸症と診断されています。

胃炎は粘膜に炎症が起きる病気です。 過食など胃の機能が低下し、胃酸の分泌量が多くなることで粘膜がただれることで起こります。 過食の場合は短期の場合であれば、食べる量を抑えることで胃は回復してきます。

これに対して機能性胃腸症は胃の粘膜などの異常によるものではなく、長く不調が続く点に違いがあります。 精神性など環境面が大きく関わり、ストレスにより胃の機能自体が低下している点に特徴があります。

機能性胃腸症の主な症状としては胃もたれや痛みの他に、吐き気や胸やけ・食欲の減退もあります。 個人差もあり、症状の出方や強弱も差があるため、胃炎と結びつけることも多々ありました。

胃炎であれば先の過食の他に、刺激物やコーヒー・タバコ・お酒・薬の服用など原因となったものを控え、胃酸を中和する薬を服用することなどで症状を緩和できますが、機能性胃腸症は長期の治療を前提とします。

特に注目されているのがストレスへの対応で、生活習慣や食生活など外的要因を見直すことも治療の一つです。 また、胃粘膜は荒れていないものの、胃の痛みやもたれがあることは胃酸過多になっていることも考えられ、胃炎と同じように胃酸を中和する投薬も必要になることがあります。

胃腸の不調は不快な症状だけでなく、食欲減退から精神的・肉体的にも消耗をきたすことがあります。 精神的なものからくる場合は精神内科の受診も必要であり、個々の症状の出方と発症因子において様々な治療アプローチがあります。